開店祝いの予算はどのくらい?

現金を贈る場合も品物を贈る場合も予算の相場は同じ

開店祝いに現金を贈るにしても品物を贈るにしても、多くの方が悩むのがやはり予算の相場ですよね。

品物の場合には、現金とは違ってどのくらいの金額のものなのかは、はっきりとは分かりにくいメリットがあるかのように見えます。

でも、人によっては、物を見れば大体の金額が分かる方もいますよね。

それに、最近はインターネットが普及していて、調べればすぐに贈り物の金額が分かってしまいますよね。

なので、現金、品物いずれにしても、予算の相場は大体同じだと考えておきましょう。

また、贈り物の金額は相手との間柄を踏まえることも重要で、自分だけ無茶ぶりすることもありませんし、相場を下回るのも「ケチな人」なんて思われてしまうかも知れませんよね。

贈り物に大切なのはあくまでも気持ちですが、金額から受け取れる相手の気持ちもあるので注意が必要です。

誤解を防ぐためにも、相手との間柄に合った開店祝いの金額の相場をきちんと把握しておきましょう。

具体的な開店祝いの予算の相場はどのくらい?

具体的な開店祝いの予算の相場を見てみましょう。

まずは、相手ともっとも近い間柄である身内の場合は、1~3万円が相場です。

身内には、家族や兄弟以外に親族も含まれます。

仕事でお世話になる間柄である取引先の場合も、1~3万円が相場です。

そして、友人や知人の場合には、5千~1万円が相場です。

ところで、1~3万円とか5千~1万円と言う相場の幅も、どの金額にしようか悩むところですよね。

自分のお金のことを考えるなら、即答で1万円とか5千円にしてしまうかも知れません。

逆に、気分良く3万円とか1万円で、幅ある中でも出来るだけ高めの金額を選んでしまうかも知れません。

これに関しても、相手が自身の経験や下調べなどから、開店祝いの金額の相場を把握している可能性もあると考えた方が良いでしょう。

迂闊に安い金額を選んでしまうのは危険で、幅のある金額の中でも相手との間柄をよく考えた方が安心でしょうね。

「お互い気分良い関係で」と言うのであれば、相手のことを思いやった金額を選択するのが良いでしょう。

開店祝いの花の贈り方マニュアル