開店祝いを贈るタイミングは?

開店祝いはオープン前日までに贈るべき?

新しくお店をオープンする際の開店の連絡は、大抵は1ヶ月前くらいに届きます。

もし連絡を受け取って開店祝いの品物を用意する場合には、贈るタイミングは一般的にはオープン前日までと言われています。

もちろん、贈り物には気持ちがこもっていることが重要なのですが、開店よりも遅れない方が良いです。

だからと言って、早すぎてしまうのも、あまり好ましくありません。

「一刻も早く相手をお祝いしたい。」と言う気持ちも分かりますが、早くても開店の1週間以内にしておきましょう。

特に花を贈る場合には、開店よりも遅れて贈られても開店当日にお店に飾れなくなってしまいますよね。

逆に、早過ぎるタイミングで贈られても、良い状態でお店に飾っておけない可能性がありますよね。

開店祝いに花を贈る場合には、開店の1週間前から前日までに届くように、開店の連絡を受けた後すぐにでも業者を探して依頼をかけておくのが良いでしょう。

そして、開店する側は慌ただしく過ごしているでしょうから、相手に受取が可能かを確認して、いつ頃贈り物が届くのかも伝えておくと親切かも知れませんね。

開店祝いは開店当日に贈るのも有り?

開店祝いを贈るのは、当日でも問題ありません。

確かに、「開店1週間前から前日」ではなく、「開店1週間前から当日までに贈れば良い。」とする意見も多いようですね。

ただ、開店当日だと、当日のいつ届くのかと言う問題がありますよね。

花の場合は同じ開店当日でも、届くタイミングによっては短い間しか飾れなくなってしまうことも考えられますよね。

でも、プレオープンがあれば、プレオープン当日に贈るのでも良いかも知れませんね。

きっと華やかな気持ちでプレオープンの日を迎えられるに違いありません。

肝心のオープン当日に花が枯れてしまうようでは寂しいですし、オープン当日から1週間後くらいまでのお客さんが多いと思われる時期まで綺麗に咲いているとベストです。

皆さんの贈る花は、相手のオープンするお店のイメージの一部にもなり得ることを踏まえて贈り物や贈り物のタイミングを決めましょう。

開店祝いの花の贈り方マニュアル