開店日を過ぎてしまったら贈り物は避けた方が良い?

開店日から数日以内なら問題なし

「開店のことを知るのが遅れてしまった。」とか何らかの事情で、開店日までに贈り物を用意できそうもないなんて言うこともあるかも知れませんね。

こういう場合に、「遅れるよりは贈り物はしない方が良いだろう。」なんて思ってませんか。

相手からすると、遅れても開店祝いを受け取ることは非常に嬉しいものです。

何らかの方法で開店をお祝いする方法を考えましょう。

ちなみに、開店日から数日以内であれば、遅れても問題ありません。

とは言っても、遅れることはどういう事情であれあまり良いことではないので、出来るだけ早めに贈り物ができるよう配慮はした方が良いでしょうね。

例えば、選択する店によっては、開店日当日までに贈り物の手配ができることもあるかも知れませんよね。

お店を変えて、贈り物の手配をすることも1つの手段です。

特に開店から1週間の間はお客さんが多く来店する可能性が高く、皆さんの贈る花で少しでも華やかな印象のお店に出来ると良いですよね。

贈り物が届くのが開店して1週間以上も遅れそうな場合には時期に適した品物を

「どのお店で手配するにしても、贈り物が届くのが開店日から1週間以上も経ってしまいそう。」

こんな時には、無理に花でなければならないと言うことはありません。

開店からかなりの日が経ってから花を贈るのも、かえって失礼に当たることも考えられます。

なので、開店日から1週間以上も経ってしまう場合には、花以外の贈り物を考えるのが良いでしょう。

お店の名前入りの食器とか鏡もお洒落ですし、お酒好きの方であればお酒を贈るのも良いかも知れませんね。

開店の時期に間に合わない贈り物の場合には、「祈御発展」とお店の今後の発展をお祈りするための贈り物とすれば良いのです。

贈り物をするに当たっては、まずは「相手にお祝いしよう。」と言う気持ちが一番大切です。

そして、次に大切にすべきなのは、贈り物をするタイミングですね。

出来るだけ開店のタイミングに合わせて贈り物をして、遅れてしまいそうな場合には「この時期には、どういう贈り物が喜ばれそうなのか。」を真剣に考えることです。

開店祝いの花の贈り方マニュアル