開店レセプションに参加する時にはどういうふうに贈り物をすべき?

開店レセプションに招待されることの意味をよく考えよう!

開店レセプションは、開店記念の目的で開かれるイベントのことです。

開店前に相手と直接会って開店に関するお話を聞くことの出来る良い機会です。

なので、まずは、自分がこんな貴重なイベントに招待されたことの意味をよく考えてみましょう。

基本的には、開店レセプションには、相手と親しい間柄、普段お世話になっている人、取引先、近所の関係者などしか招待されません。

つまり、このイベントに招待されると言うことは、それだけ皆さんが相手に親しい間柄、お世話になっている人として考えられていると言うことです。

このように考えると、さすがに手ぶらでイベントに参加するのは寂しい気がしませんか。

お店の商品を購入すると言うのも有りですが、開店祝いを開店レセプションの際に直接相手に渡すのが良いでしょう。

身内や友人など親しい間柄の場合には、時間のある時に相手の希望を聞いてイベント当日に持参するのがお勧めです。

贈り物を手配する際には、業者にイベントに間に合うかどうかを確認しておきましょう。

花は開店レセプションよりも開店日前日に贈る方が良い?

「花はいずれ枯れてしまうものだから、出来るだけ開店日当日に間に合わせた方が良い。」なんて思っている方もいるかも知れませんね。

でも、開店レセプションに招待されているのであれば、もちろん開店レセプションの際に持参した方が良いでしょう。

開店日当日よりも開店レセプションを意識して花を用意している方の方が少ないでしょうから、開店レセプションに華やかな花があるとイベント会場がとても明るくなりますよね。

但し、お花の中でも造花は避けましょう。また、「お花を贈れば祝儀は贈らなくても良い。」と思っているかも多いでしょう。

確かに、お花だけでも十分にお祝いの気持ちは伝わります。

ただ、どういう贈り物をするのかは、贈る側の気持ち次第です。

お祝いの気持ちが強い方であれば、お花を贈る場合でも祝儀を5千円くらい用意すると良いかも知れませんね。

お花以外には、時計や絵画などのインテリア用品、相手の好みのお酒などの贈り物も良いでしょう。

開店祝いの花の贈り方マニュアル