プレオープンで贈り物を用意する必要がない場合もある?

親しい間柄であればプレオープンの段階で贈り物を用意すべき

開店の連絡を受けた方の中には、開店のプレオープンの招待された方もいるでしょう。

プレオープンに招待されると言うことは、それだけ相手にとって親しい関係にあると言うことです。

もちろん、どうしても外せない予定でない限りは、お店に行くのは当然ですね。

プレオープンではなく、開店レセプションとか披露パーティなどに呼ばれることもあるかも知れませんね。

この場合もプレオープンと考え方は同じで、基本的には親しい間柄だからこそ招待されると言うことです。

また、プレオープンに行くだけではなく、きちんとお祝いの気持ちを言葉にすること、形にすることは大切ですよね。

つまり、お祝い品を持参することなく向かうのは、あまり好ましくありません。

開店当日に合わせて開店祝いを用意するよりも、プレオープンに合わせて開店祝いを用意した方が良いです。

「おめでとう!」と言う言葉も大切なのですが、やはり開店祝いの品物を用意した方がよりお祝いの気持ちが伝わりやすいですよね。

プレオープンに招待されていなければ贈り物は不要!

親しい間柄であれば、贈り物を用意するのは当然のように思っている方は多いでしょう。

ところが、近所の知り合いがお店をオープンすると言う場合には、「贈り物はした方が良いのかな?」と迷うことはありませんか。

近所とは言え、面識はほとんどないなんて言う場合ほど、贈り物に悩みますよね。

こんな場合には、相手との親密さがどれほどのものなのかを考えてみましょう。

親しい相手だと思えば贈り物は必要でしょうし、そこまで親しい相手でないと感じるのであれば贈り物は必要ありません。

相手との親密さは、プレオープンや開店レセプション、披露パーティに招待されているかどうかで判断することができます。

もしこれらのイベントに招待されていないのであれば、基本的には贈り物は用意する必要はありません。

逆に、贈り物を用意することで、気を遣わせてしまう可能性もありますよね。

贈り物を渡す側も受け取る側も、お互いに気分良く開店日やプレオープンを迎えられるのが一番ですね。

開店祝いの花の贈り方マニュアル