開店祝いにはどういう贈り物をしたら良い?

開店祝いは相手の都合も考慮すべき

開店祝いは贈る相手の気持ちがこもっていれば、受け取った側にとって非常に嬉しいものです。

でも、出来ることなら受け取る側も役に立つものを受け取りたいですし、贈る側としても相手の役に立つものを贈りたいものですよね。

なので、どういうものが喜ばれそうなのか判断に困った場合には、相手の都合を確認するのがベストです。

どういうものであれば困らないとか、どういうものであれば嬉しいと素直な意見を貰えれば贈り物を考える上での重要なヒントになりますよね。

「開店の準備で忙しい時期に、こんな質問をしてしまっても大丈夫なのかな?」と不安に思う方もいるかも知れません。

ただ、特に親しい間柄であれば、「相手の気に入らないものを贈ってしまうよりは良い。」と思って、思い切って聞いてしまうのも良いでしょう。

相手に聞けなさそうな場合には、一般的な基準を参考にして贈り物をセレクトするのが無難でしょう。

ちなみに、開店祝いはかつては大入り額とか招き猫の置き物を贈っていたこともありましたが、最近ではあまり見掛けなくなっているので注意が必要です。

現代的な贈り物には、花や現金、品物などがある

現代的な開店祝いにもっとも人気のある贈り物が、花です。

花は開店日から1週間の間のお客さんの多い時期に飾ってあると、とても華やかな感じがしますよね。

花は目立ちすぎないようにすること、火事を連想させる真紅を避けることなどに気を付けましょう。

胡蝶蘭は長持ちしやすくシンプルで美しい花として人気で、鉢植えのものだと長くて3ヶ月も持つようですね。

とは言っても、花は用意できるのが開店日を過ぎてしまうなんて言うことも有り得るので、業者に早めに確認しておきましょう。

そして、もし花が開店日に間に合いそうもないと言う場合には、祝儀として現金や品物を用意するのも良いでしょう。

花や品物を受け取れないと言う相手には、現金は無難ですよね。

品物であれば観葉植物も良いですし、掛け時計や置き時計などの時計や絵画などのお店に合うインテリア品を贈るのもお勧めです。

あるいは、相手の好みに合わせてお酒を用意するのも良いでしょう。

開店祝いの花の贈り方マニュアル