開店祝いのお返しはどのようなものでお返しすべき?

オープンしたお店の商品券は有り?

開店祝いのお返しはどのようなものでお返しすれば良いのか、本当に悩みますよね。

開店レセプションや披露パーティなどがあって、粗品や引出物を用意しているとすればお返しは必要ありません。

そうでない場合には、基本的にはお返しをした方が良いです。

開店祝いのお返しで悩むところと言えば、全ての人が同じお返しと言う訳にも行かない点ですよね。

開店祝いに3万円相当のものを贈ってくれた方もいれば、5千円程のものを贈ってくれた方もいるでしょう。

開店祝いの相場には、身内や取引先が1~3万円、友人や知人が5千円~1万円で全体で5千円~3万円もの幅があるのです。

品物でお祝いを受け取って金額が分からない場合には、開店祝いの相場を参考にしてみると良いかも知れませんね。

開店したお店によっては、お店の商品券でお返しをするのもお勧めです。

相手の興味のあるものであれば、気に入ってもらえるかも知れませんね。

商品券だけでは寂しいと感じる場合には、時計や鏡などの相手に合った品物も一緒にセレクトすると良いでしょう。

受け取ったものよりも極端に安いものは良くない?

「受け取ったものよりも極端に値段の安いものは不味いかな。」と気にする方は多いでしょう。

でも、気にするくらいなら、お返しの相場の「受け取ったものの半額から3割程度」の範囲内でお返しを考えた方が気分が良いでしょうね。

ちなみに、お返しの意味は、単に開店祝いへのお礼の気持ちだけではありません。

「今後ともよろしくお願いします。」と言う挨拶の意味もこもっているので、ここであまりにケチケチし過ぎてしまうのも相手から窮屈に思われてしまう可能性も考えられます。

品物は、相場の範囲内でお菓子や、カタログギフト、お店の名入りの記念品などをセレクトしてみてはいかがでしょうか。

カタログギフトには、カタログを見て自分の気に入ったものを選べると言うメリットがありますよね。

自分ではどんなものを選択したら良いのか分からないと言う場合に、便利な贈り物です。

開店祝いの花の贈り方マニュアル