メッセージカードはどのように書いたら良い?

メッセージカードを贈るメリットは?

贈り物だけを贈るのではなくメッセージカードが付いていると、相手によりお祝いの気持ちを伝えやすくなります。

木札や熨斗だけでも十分にお祝いの気持ちは伝わるのですが、シンプルで若干堅い感じがしますよね。

お祝いの言葉に柔軟性を持たせて、相手に素直な気持ちを伝えてくれるのがメッセージカードのメリットです。

取引先とか目上の方となると言葉遣いに十分に気を付けなければいけませんが、身内や友人のような親しい間柄であれば多少はくだけた内容でも大丈夫です。

むしろ、堅すぎる表現よりも、若干くだけたくらいの方が身内や友人としては安心感があるかも知れませんね。

とは言っても、くだけるにも限度があるので、開店祝いであることを十分に考慮して言葉を選びましょう。

忌み言葉や否定的な表現は決して使わないように注意してください。

「赤」や「紅」のような家事を連想させる言葉、「潰れる」、「破れる」、「傾く」などの倒産を連想させるような言葉は使ってはいけません。

最近は気にしない方も増えていますが、良くないとされている言葉は使わないのが無難です。

メッセージカードは相手を不愉快にさせなければ、自分の想いを自由に表現して良し!

メッセージカードはどういうふうに書いたら良いのか、表現が思い浮かばないで困っている方もいるでしょう。

基本的には、相手を不愉快な気持ちにさせなければ、自分の想いを自由に表現してOKです。

忌み言葉や否定的な言葉を使用しないように、一度文章を考えたら何度か見直した方が良いかも知れませんね。

友人のような親しい間柄であれば、「開店おめでとう。お祝いに行けなくてごめんね。また今度遊びに行くね。」なんて言うメッセージでも良いでしょう。

取引先であれば、「ご開店おめでとうございます。今後の御社の発展を心よりお祈り申し上げます。」と言う畏まったメッセージが良いかも知れませんね。

体調を気遣うメッセージ、激励のメッセージなども、相手からするととても嬉しいものです。

せっかくメッセージカードを書くのですから、木札には書くことの出来なかった相手への気持ちを書きましょう。

開店祝いの花の贈り方マニュアル