開店の披露パーティはどういうふうに開いたら良い?

披露パーティの会場はどこにすべき?

開店の際には、開店日を迎える前に披露パーティを予定している方もいるでしょう。

新しく店舗を立ててお店の経営を始める場合には、新築落成の意味も込めてパーティを開くこともあるかも知れませんね。

こんな時には、普段からお世話になっている人、今後お世話になる人、親しい関係ある人などをパーティに招待しますよね。

会場を何処にしようか悩む方もいるでしょうが、開店した店舗なら一足先にお世話になっている人、親しい人などに開店するお店を見てもらえるのが良いですよね。

それから、店舗に招待するのは開店してからのお楽しみで、レストランや料亭などを会場としてセッティングすることも可能です。

招待客が多い場合には、他の会場を利用しなければならないこともあります。

ただ、この場合には、当日に場所を貸し切れるかどうかの問題もありますよね。

余裕を持って、2ヶ月くらい前から場所探しをしておくと良いかも知れませんね。

ちなみに、披露パーティを開くのは、開店日の前日が望ましいです。

もし開店日まで慌ただしくてパーティが難しい状況になりそうな場合には、決して無理なスケジューリングはせず開店日から10日以内に行うことを考えましょう。

披露パーティではどういうふうに招待客を迎えるべき?

開店の披露パーティに参加してもらうと言うことは、開店をお祝いしてもらうと言うことです。

このような意識を忘れずに、招待客を丁寧にもてなす必要があります。

まずは、パーティではお食事や飲み物を用意しておきましょう。

立食パーティとかバイキング形式のパーティだと、比較的人数の多いパーティにも対応しやすいですよね。

それから、パーティを開く場合には、出席してくれたお客さんにお礼の気持ちを込めて粗品を用意しておきたいものですね。

粗品はタオルやボールペン、グラス、カレンダーなど、日常的によく使うものをセレクトする方が多いようですね。

確かに、オープンするお店の名前の書かれた粗品は、宣伝にも繋がりますよね。

もしかしたら貰った側は、粗品を自宅以外の場所で使用することもあるかも知れないですし、その場合には色々な方の目に触れる機会が増えますよね。

とは言っても、あまりにお店の名前が目立ち過ぎると、「恥ずかしくて使えない。」なんて言う方もいるので気を付けた方が良いかも知れませんね。

開店祝いの花の贈り方マニュアル