開店祝いはオープンするお店のジャンルに合わせて考えるべき?

お店のジャンルやイメージを相手に確認してみよう!

開店祝いを贈る場合には、単に自分の「こんなものを贈ろう!」と言う意思だけではいけません。

さらに、「相手にはこんなものが合っている。」なんて言う相手のイメージだけでもいけません。

開店と言うことはお店をオープンする訳なので、相手の好みと同時に相手のオープンするお店のイメージを十分に考慮した上で贈り物を考えるべきです。

どのようなお店をオープンするのか、例えば美容室なのか居酒屋なのかカフェなのかスーパーなのかと言う、オープンするお店のジャンルでも考えられる贈り物は変わってきますよね。

それから、同じ美容室でもアットホームな感じ、高級感の漂っている感じ、異国情緒溢れる感じなど、内装の感じでも贈り物は変わってきますよね。

「相手に開店祝いを贈ろう!」と思った時には、まずは相手にどのようなジャンルのお店をオープンするのか、どういうお店にしたいのかを確認してみましょう。

実際に相手がオープンするお店付近に赴いてみても、外装を見て何となくお店のイメージが分かるかも知れませんね。

お店に合った開店祝いはどのようなもの?

開店祝いとして、無難なものと言えば胡蝶蘭の花とか現金があります。

確かに、胡蝶蘭はシンプルな美しさがあって、店内に飾ると華やかになりますよね。

ちなみに、鉢植えの胡蝶蘭には「根付く」と言う意味もあるようで、店内に飾るだけでも縁起が良さそうですよね。

タブーの赤以外の色として、白、ピンクなどお店に合った色をセレクトしましょう。

そして、現金は自分の好きなものを購入できて、あって困らないと言う良さがありますよね。

ただ、自分らしい贈り物をしたいと言う方も多いでしょう。

こんな場合には、美容室やサロン、雑貨屋などであれば観葉植物やフラワーアレンジメントが合いそうですよね。

待合室とかちょっとしたスペースに飾れるように、掛け時計や置時計、絵画などを贈るのも良いかも知れませんね。

このような物を贈る場合には、どういう場所に置いてもらえそうなのかも予めチェックしておきましょう。

開店祝いの花の贈り方マニュアル