開店祝いに現金を贈る場合にはどういうふうに贈るべき?

開店祝いに現金を贈る場合の熨斗袋の使い方は?

「現金なら相手が自由に好きなものを買って使えるから。」

こんなふうに考えて、開店祝いに現金を贈ろうと思う方もいるでしょう。

あるいは、相手が花や品物を遠慮している場合には、現金でお祝いすることもありますよね。

こんな時には、当たり前ながら現金をそのまま渡すのではなく、必ず熨斗袋を使用しましょう。

熨斗袋は、のし付き紅白蝶結びかのし付き金銀蝶結びを選びましょう。

熨斗袋の表書きは、お店のオープンであれば「開店御祝」や「祝御開店」、医者をオープンするのであれば「開院御祝」や「祝御開院」とします。

さらに、事務所をオープンする場合には、「開業御祝」や「祝御開業」とします。

どのようなものをオープンするかで、表書きをきちんと使い分けましょう。

開店祝いにお花を贈る場合には、お店を華やかに見せるために開店日当日には用意されているのが良いのですよね。

でも、現金の場合はお花に枯れたりすることも無いので、開店日当日でも問題ありません。

ただ、開店日当日までに相手に手渡しした方が良いです。

相手との間柄で金額を決めること

開店祝いを現金で贈る場合の相場は、身内なら1~3万円、友人や知人なら5千円~1万円、取引先なら1~3万円なので金額に幅がありますよね。

これに関してもどの金額を包めば良いのか悩むでしょうが、基本的には相手との間柄で金額を決めれば大丈夫です。

迷った場合は、お祝いの気持ちがあれば多めの金額を取るのが良いかも知れませんね。

受け取る側も、受け取った金額で皆さんの気持ちを判断してしまうこともあるでしょうから。

例えば、身内でも特に仲の良い親子関係とか兄弟、親戚などであれば、迷わず3万円を包んでも良いのではないでしょうか。

親戚同士で相談して金額を決めるのも良いかも知れませんね。また身内の場合は、現金と花の2つとも贈る場合も非常に多いですね。花は胡蝶蘭がおすすめです。

そして、親しい友人や知人であれば、今後の関係も踏まえて1万円を包むのが良いでしょう。

これに関しても、自分と同じように親しい友人や知人がいれば相談して決めるのが良いかも知れませんね。

取引先の場合は重要な取引先であれば2万円とか3万円が良いでしょうが、上司とよく相談して決めましょう。

ただ取引先の場合は、普通は現金で開店祝いを渡すことは無いと思います。花を贈るのが一般的です。

花の贈り方は下のリンクを参考にして下さい

開店祝いの花の贈り方マニュアル