開店祝いの花は持ち帰った方が縁起が良い?

開店祝いの花を持ち帰る風習は地域によって異なる

名古屋を中心に、路上に飾ってある開店祝いの花は持ち帰っても良いと言う風習があるようです。

「開店祝いの花は早く無くなれば無くなるほど、お店が繁盛する。」と言われているので、むしろ持ち帰った方が良いとする地域もあるのです。

このような地域では開店日から数日も経っていれば、つぼみの状態の花でも綺麗に咲いた状態の花でも、良かれと思って花を持ち帰る方は多いです。

いや、花をそのまま通り過ぎてしまう方が、失礼に当たるかも知れませんね。

ところが、こういう風習の無い地域で開店祝いの花を持ち帰ってしまうと、大変です。

泥棒扱いされてしまう危険性があるので、注意した方が良いでしょう。

特に日本の中心である東京では、開店祝いの花を持ち帰る風習はないようです。

なので、お店が繁盛すると良いなと思ってやってしまったことが、犯罪扱いされることもあるかも知れません。

人の物を貰う場合には、地域の風習をチェックしてその地域の風習に従わなければいけませんね。

開店祝いの花は「自由にお持ち帰りください。」とあることも?

開店祝いの花は、風習を気にしなくても「自由にお持ち帰りください。」と書き置きがあることがあります。

東京の都会ほど、このような書き置きがあることが多いようですね。

確かに、都会でお店をオープンする場合には、色々な方から花の贈り物を受け取って残った花の処理に困ってしまうこともあるようです。

そもそも、花を受け取る前に、「花の贈り物はご遠慮ください。」なんて言うコメントを開店の連絡、プレオープンの招待の案内と同時にする方もいるようです。

お店側としては、基本的には開店を華やかに迎えることができれば良いので、開店の際に花があれば良いのです。

だからと言って、花を持ち帰って良いと言う風習が無い地域では、やはり勝手に花を持ち帰ることは出来ませんね。

こういう地域では、「自由にお持ち帰りください。」の書き置きがある場合のみ、「お店が繁盛しますように。」と言う気持ちを込めて花を持ち帰りましょう。

開店祝いの花の贈り方マニュアル