開店祝いは直接渡すのが良い?

開店の前日までに手渡しできるのがベスト!

開店祝いに限らず何の贈り物においても、本人に直接手渡しできる方がお互いに会話ができる点でも良いですよね。

それだけでなく、贈り物をする側としても確実に相手に贈ることができると言う安心感があるはずです。

ただ、開店前日は相手が忙しく過ごしているでしょうから、お店に直接訪問して贈り物をするにしても、相手がいるかどうかを事前に確認しておくのが良いかも知れませんね。

そして、贈り物の受け取りに関して、相手に気を遣わせないように臨機応変に対応しましょう。

もちろん、中には相手とは遠方で暮らしている方もいるでしょう。

こんな方で直接手渡しが難しい場合には、宅急便を利用しても大丈夫です。

もし何かの機会で相手のお店付近に出掛けることがあれば、お店に顔を出すのも良いかも知れませんね。

相手のお店の商品を購入するのも、知人に相手のお店を紹介してあげるのも、きっと相手にとって嬉しいはずです。

開店前の披露パーティに贈り物をするのも有り!

開店前の披露パーティに招待されたら、余程大切な予定が無い限りは出席するのは当然ですね。

そもそも、パーティに招待されると言うことは、今後も長い付き合いになるであろうと思われる間柄であったり、それだけ距離の近い関係である証拠でもあるのですから。

披露パーティに出席するだけでも、相手からするとお祝いされていて有難い気持ちになります。

とは言っても、さすがに本当に出席するだけと言うのは、何か寂しいですよね。

披露パーティは相手と直接会うことの出来る良いチャンスなので、相手の忙しい時期にわざわざ会う時間を設けなくても、この機会に贈り物をするのがお勧めです。

ちなみに、披露パーティの時期は開店の前日が一般的とされているので、贈り物を直接手渡すにも丁度良い時期ですよね。

ところが、中には相手の都合で開店日を過ぎてからパーティが行われることも、稀にあります。

こういう場合には、贈り物を渡すタイミング、タイミングに合ったプレゼントなどを慎重に考えましょう。

開店祝いの花の贈り方マニュアル