開店祝いの花の贈り方解説

STEP1 開店祝いの花と予算を決めましょう!

友人は取引先などの開店祝いには花を贈るのが定番であり、マナーでもあります。ではどの程度の予算で、どんな花を贈るのが良いのかを解説します。

花は胡蝶蘭がおすすめ

開店祝いの花といえば胡蝶蘭!なんといっても気品があり、高級なお祝いの花として有名ですよね。サイズもちょうどよくて、それほど大きくない店にもぴったりですし、華があります!開店祝いには胡蝶蘭をおすすめします。

予算はどれぐらいか?

さて、それでは予算を考えましょう。予算は大体1万円~3万円程度が相場で、非常にお世話になっている取引先なんかだと5万円程度です。おすすめは3万円前後の胡蝶蘭です。

3万円前後の胡蝶蘭であれば、非常に華やかですので、お店のインテリアにもなり、開店した!という雰囲気がよく出て、相手も非常に喜ばれるのではないでしょうか。華やかなお店を演出しましょう!

STEP2 どこで購入するか?

お店に関してはちゃんとしたお店であればどこでもいいのですが、私がいつも利用している花屋を紹介しておきます。

【幸福の胡蝶蘭屋さん】

上記サイトがおすすめです。非常に質の良い胡蝶蘭を取り扱っています。おすすめは「胡蝶蘭大輪5本立ち 白」です。これぐらいのサイズが定番です。立て札なども、購入の際に簡単につけることができますので、気軽に送れます。私も仕事柄よく胡蝶蘭を贈るのですが、毎回ここを利用させてもらっています。

その他コンテンツ

開店祝いを贈るタイミングは?
基本的には開店前日に到着するように贈るのが一般的です。プレオープンがある場合はプレオープン当日に到着するようにしておきましょう。

開店日を過ぎてしまったら贈り物は避けた方が良い?
開店日を過ぎても開店祝いはきっちりと贈りましょう。開店から1週間を過ぎて到着する場合は花以外の贈り物を贈るのがいいでしょう。食器、鏡、お酒など時期に合わせて贈り物を選びましょう。

開店祝いは直接渡すのが良い?
開店祝いは前日までに直接相手に渡すのが理想的です。しかし直接渡せないケースも多く、そういった場合は宅配便で贈るのが一般的です。

開店祝いにはどういう贈り物をしたら良い?
開店祝いに人気がある贈り物は花です。特に胡蝶蘭がシンプルで美しい花なため人気が高いです。他には現金、品物(観葉植物など)が一般的ですが、大事なのは相手との関係に合った贈り物です。

開店祝いはオープンするお店のジャンルに合わせて考えるべき?
贈り物はオープンするお店のジャンルに合わせるべきですが、無難にいくならば花で十分です。しかしジャンルに合わせた贈り物をするのであれば、例えば美容室の場合は観葉植物などがおすすめです。

開店祝いの予算はどのくらい?
開店祝いの予算については相手との関係性に強く影響してきます。友人なら5千円程度でも十分です。しかし開店祝いの平均相場はだいたい1万円~3万円といったところです。

フラワーギフトの木札はどのように書くべき?
「祝御開店」「開店御祝」と書くのが一般的です。病院などの場合は「祝御開院」とか「開院御祝」。会社を始められる場合は「祝御開業」とか「開業御祝」と書きましょう。

メッセージカードはどのように書いたら良い?
火を連想させるような言葉や倒産を連想させるような言葉を使わなければ自分の気持ちを素直に言葉にしていいです。木札では伝えられない言葉を相手に贈りましょう。

開店レセプションに参加する時にはどういうふうに贈り物をすべき?
開店レセプションに参加する場合には当日に花を到着または持って行きましょう。花以外にもちょっとした品物や現金を贈ると喜ばれます。

プレオープンで贈り物を用意する必要がない場合もある?
プレオープンに招待されているのであればプレオープンの際に贈り物を用意しておきましょう。しかしプレオープンや開店レセプションに招待されていない場合は贈り物を贈る必要はありません。相手との関係が大切です。

開店祝いに現金を贈る場合にはどういうふうに贈るべき?
現金を渡す場合は必ず熨斗袋に入れて渡しましょう。熨斗袋の表書きには「開店御祝」「祝御開店」と書くのが一般的です。

開店祝いに品物を贈る場合にはどういう熨斗にすべき?
品物を贈る場合の熨斗袋はのし付き金銀蝶結びかのし付き紅白蝶結びです。表書きは「祝御開店」や「祝御開業」や「開業御祝」といったようにオープンするジャンルに合わせて書きましょう。

開店祝いにタブーはあるの?
赤いものなど火を連想させる贈り物はタブーになります。しかし相手のリクエストがあった場合は火を連想させる贈り物でもOKです。

数ヶ月遅れの開店祝いって有り?
数ヶ月も遅れて良いという訳ではありませんが、遅れてでも開店祝いを贈るべきです。その際は「開店御祝」とは書かずに「祈御発展」という風に書くのが一般的です。

開店祝いの花は持ち帰った方が縁起が良い?
開店祝いの花を持ち帰った方が縁起がいいとされている地域では持ち帰っても構いませんが、そういった風習がない地域では犯罪者になる可能性もあるのでやめておきましょう。

開店の案内文の書き方は?
開店祝いの案内状は1~2ヶ月くらい前に贈っておくのが理想的です。また案内状の書き方については当記事を参考にしてみてください。

開店祝いを受け取った場合のお返しはすべき?
開店祝いのお返しは必ずするべきです。お返しの時期は開店日から1週間~2週間程度でお返しをするのが理想的です。

開店祝いのお返しはどのようなものでお返しすべき?
開店祝いのお返しは受け取った額の半額~3割程度のお返しを贈りましょう。しかし額は分からない場合もありますので、お店のサービス券などでもOKです。

開店の披露パーティはどういうふうに開いたら良い?
まず前日に披露パーティーを開くのが理想的です。しかし無理な場合は10日以内で開きましょう。そして来てくれた人に対して粗品を用意しておくと喜ばれます。

開店の披露パーティを開く場合にはどのように内祝いを贈るべき?
高価な物を貰った場合はお返しは必要です。しかし披露パーティーで粗品を渡している場合はお返しはかえって気をつかわす可能性があるので必要のない場合もあります。ですがこれが正しいというのは特にないので対応していく必要があります。